コロナ禍の花嫁さまへ




ゴールデンウィークまっただ中

皆さまいかがお過ごしでしょうか。



楽しいお出掛けがおあずけ状態の今、

ご自宅での充実したお時間をお過ごしの方も多いことと思います。




今日はお野菜などが売られている市場で

赤が美しく際立つお花を買ってきました。


彼岸花のようないでたちの

パワフルなお花をバサッと活けて。

お値段はなんと190円!



天草は南仏並みに手頃な価格でお花が手に入るので、

その点とっても満足なお買い物をさせてもらってます。






さて

最近ますますテレビのコロナ報道が

深刻化してきました。


日本中、世界中がコロナに振り回される生活を

余儀なくされています。



サロンでもお客様を通して

コロナ禍においての結婚式や準備についての

その時々の現状をたくさん教えて頂いています。




挙式の延期、

キャンセルを始めとした問題と対処について。



式をして良いものかどうかの判断と

互いの両親、親族の意見の確認。



考えに考えて、

自分とパートナーの思いを擦り合わせながらゴールを探す日々。



式の決行を決めた後は

招待客にとってベストな選択肢について考え尽くし、葛藤と迷いを繰り返されます。




変動するコロナ情勢に世間の反応、

招待客への配慮による気疲れ…



そんな中で

ドレス、引き出物、当日のスケジュールにおいての選択を行うなんて、

本当に本当にヘビーな作業だと思います!



だけど、


中にはその大変さを逆手にとって

強さに変えてしまわれる方もいらっしゃるんですよね。




「結婚式はどうしてもしたかったから、

周り(出席者)に強制はせず

できる範囲で楽しくやっちゃおう!と思って」


「式についてめちゃくちゃ考えてます。

誰のためにするものか、私たちはどうしたいのかって。」




そして時々



「(急遽出た制約のために)こんな風になっちゃいました😢」


「こんな状況になって昨日まで泣いてたんですけど、もう笑うしかないですね。

これ以上考えない様にします!」


とのご報告も。





だけど思う様にならないことって、

捉え方と対応次第で

その人の内面を知らず知らずのうちに磨き上げてしまえる最高のチャンス。



それをご結婚式という一大イベントを通して

気持ちや考え方のコントロールを

されている方々のお話を聞いていると


「絶対あとで最高の贈り物としてご自身に残りますよ!」


て、いつも心の中で思います。





結婚式が自分にとって、彼にとってどの様な位置付けであるのかをしっかりと考えられること。


計画通りにいかなくても気にしすぎない、サバサバっとした思考回路。


制限の中で楽しさと自由を叶えるためのイマジネーション(想像力)。




そういったものと向き合ったり育てたりして

時々楽しめるのなら、

この状況下での結婚式やご準備も

それはそれで「最高!」なんじゃないでしょうか。


更にはこれから二人で築く

家庭の良きベースにもなるのでは、と思います。




ウイルス感染しない事は今の世界共通の最重要課題。



それでも人は衣食住を中心とした生活を営み、働き

可能な限り人と関わり合って生きる必要性があるわけで


その中で訪れる人生の節目は

誰にとっても喜びと楽しみを共有し合えるイベントであっていいはずです。



実際にお客様方からも


「本当に幸せでした!」

「やって良かったです!」

などの嬉しいご報告ばかりです。



様々な人の意見や制限のある中

この時期にご結婚式に踏み切られた決意。


大変な事もあるかと思いますが

いい意味で強気でいてくださいね。



私たちも全力でサポートさせて頂きます^^




OSAKAプチスパ

岡本 優希