「スパ」に込めた想い


皆さまこんばんは。

OSAKAプチスパ・オーナーセラピストの岡本です。


今日は特別寒いですね。

ベランダに干している洗濯物のタオルが半分凍っていました。

寒さが身に沁みるこの頃です。


さて、今日は少しプチスパについてお話させてください。

ちょっと長いので、お付き合い頂ける方だけご覧いただけますと幸いです。



















さかのぼること約6年前、エステサロンで勤務をしていた時の話です。

いつも担当していたお客様が、しばらくお見えにならない時期がありました。


とても心配でしたが、あまり踏み込むのも失礼かと思いご連絡は控えていたところ、

ある日ひょっこりと約3か月ぶりにお見えになりました。


お出迎えの際「お待ちしておりました!」と喜びだけ伝え、

その後2人になった時

「どうなさっていたのですか?」と伺うと、

「母が亡くなったの」と一言。


その日はゆっくりトリートメントを受けて頂き

「元気になったわ~!来月も宜しく」とお喜びのご様子で

お店を後にされたのですが、私は一人ショックでした。


「何かが違う」



この日を境にして自分の仕事について、とことん考えました。

何を求められ、何ができるのか。自分はこの仕事で何をしたいのか。


最初は考えても行きつくところが何か腑に落ちなかったのですが、

その後フランスへ行き、頭の中がガラッと変わった環境の中で答えをみつけました。


「本当に辛い時こそ、"行きたい"と頼りにしてもらえる場をつくろう」

エステで美しくなる、プラスのエネルギーを共有し合う、

それってとても素敵なこと。


だけど

前向きな気持ちになることが難しい、

またはいつも明るくいる必要のない時期が、誰にでもあると思います。


そんな時に温かい手で、心のこもったトリートメントを受け

心と体がじんわりとほどける。

気分が良くなり、きれいになって、元気になって。


「トリートメントは

 無理なくプラスのエネルギーへと繋げていける可能性をもっている」


そう心から感じた時に、このお仕事の意義と

仕事を通して何をしていきたいのかを見出しました。


私は「精神と肉体の療養」の場を「スパ」と定義しています。

店名はそこからきたものです。


元気な時も、つらい時も。

どんな時も

「あの場所に行きたい」「あのトリートメントを受けたい」「あの人に会いたい」


そう思って頂ける様に、日々技術と知識、

こころを磨いていきたいと思います。


まだまだ未熟なサロンと私ではありますが、成長していきます。

スタートしたばかりのOSAKAプチスパを

どうぞよろしくおねがいいたします。


OSAKAプチスパ

岡本 優希








大阪北浜
オトナ女性のための小さな隠れ家スパ
OSAKA プチスパ

〒541-0047

大阪市中央区淡路町2-5-8 船場ビルディング301号

Tel: 06-6231-8155

Email: osaka@petit-spa.com

 

大阪市営地下鉄

御堂筋線「本町」駅・2番出口から徒歩6分

​堺筋線「北浜」駅・6番出口から徒歩8分